日々の取り組み

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題20】

アスベストに関するクイズを、1問ずつ出題しております!

本日で、20問目😆

お気軽に、ご参加ください✨

 

 

【 問題20👩‍🎓】

 

X解体工事会社に勤務する、社員Aさんは、

事前調査で採取した検体の分析を行うため、分析機関へ調査を依頼しました。

下記の内容で、誤っているものはどれか、お答えください。

 

①アスベストの有無を調査する「定性分析」のみ依頼した。

②アスベストの含有率を調査する「定量分析」のみ依頼した。

③アスベストの有無を調査する「定性分析」、アスベストの含有率を調査する「定量分析」の両方を依頼した。

 

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 答え👩‍🏫】②✨

解説:アスベストの分析は、まず「定性分析」でアスベストの有無を調査する必要があります。

「定性分析」と「定量分析」の両方を依頼した場合は、アスベストが確認された際に、含有率も調査します。

例えば、アスベストが確認されても含有率0.1%前後の低濃度の場合、「定量分析」を行うことにより0.1%未満であることが確認できれば、アスベスト非含有とすることができます。

その場合、法律の規制対象外となるため、工事費、産業廃棄物処分費の削減が可能となる場合があります。低濃度の可能性があると思われる場合には、是非分析機関にご相談ください。

(※日本では、石綿障害予防規則における「石綿等」を、「石綿若しくは石綿をその重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物」とされています。)

 

「定量分析」のみを依頼することは出来ないため、答えは②となります。

 

◆定性分析・・・アスベストの有無を調査
◆定量分析・・・アスベストの含有率を調査

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題19】

アスベストに関するクイズを、1問ずつ出題しております!

ぜひ、ご参加ください😆

 

【 問題19👩‍🎓】

 

石綿含有吹付け材(レベル1)の除去工事後、アスベストの取り残しがないことを確認する作業において、
誤っているものはどれか、お答えください。

 

①石綿取扱作業従事者Aさんが確認を行った。

②石綿作業主任者Bさんが確認を行った。

③石綿含有建材調査者Cさんが確認を行った。

 

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 答え👩‍🏫】①✨

 

解説:石綿含有吹付け材(レベル1)、石綿含有保温材等(レベル2)の除去工事後は、「石綿作業主任者」または「石綿含有建材調査者」が石綿等の取り残しがないことを確認しなければなりません。

 

「石綿取扱作業従事者」のAさんは、確認できる資格を保有していないため、答えは①となります。

 

 

◆石綿取扱作業従事者(※除去後の確認:不可)

・・・石綿を取り扱う作業が認められているが、石綿作業主任者の指揮・監督がなければ作業することができない。

 

◆石綿作業主任者(※除去後の確認:可)

・・・ 石綿を取り扱う作業および石綿取扱作業従事者の指揮・監督を実施できる。

 

◆石綿含有建材調査者(※除去後の確認:可)

・・・石綿の有無を確認する事前調査を実施できる。

 

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題18】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

本日は、3択クイズ形式で出題😆

ぜひ、お考えください🤔

 

 

【 問題18👩‍🎓】

X解体工事会社に勤務する、社員Aさんは、「一般建築物石綿含有建材調査者」の資格を保有しています。
自社が元請けの解体工事において、Aさんは事前調査を行った後、下記の行動をとりました。
誤っているものはどれか、お答えください。

 

①事前調査結果の報告書を作成した。

②事前調査結果報告書の写しを、解体工事現場に備え付けた。

③事前調査結果報告書を1年間保存し、その後破棄した。

 

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 答え👩‍🏫】③✨

 

 解説:事前調査を行った際、元請業者等は、下記の内容を行うことが義務付けられています。

 

   ◆事前調査結果報告書の作成。
   ◆作業中の現場へ、事前調査結果報告書(写し)の備え付け。
   ◆事前調査結果報告書の保存。(※保存期間:3年間)

 

   事前調査結果の保存期間は3年間のため、答えは③となります。

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題17】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

本日は、アスベスト事前調査についての問題です。

ぜひ、ご参加ください😆

 

 

【問題17】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

設計図書にノンアスベスト材料等、石綿等が使用されていない建材であることの記載があれば、アスベスト無しと判断できる。

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】×

解説:設計図書にノンアスベスト材料等、石綿等が使用されていない建材であることの記載があった場合でも、法令の適用対象となる石綿等の含有率は段階的に変更されており、現行の法令では適用対象となる場合があるため、アスベスト無しと判断することはできません。

 

また、設計図書や竣工図等の書面は、石綿含有建材の使用状況に関する情報を網羅しているものではないことや、必ずしも建築物の現状を現したものとは限らないことから、書面調査の結果のみで調査を終了せず、目視調査が必要となります。

 

ただし、下記のいずれかの方法で確認ができる場合は、目視調査を省略することができます。

①既に事前調査が行われていて、その調査結果を確認する方法

②建築物の着工日が2006(平成18)年9月1日以降であることを、設計図書等の文書で確認する方法

 

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題16】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

本日は、アスベスト事前調査の「みなし」についての問題です。

ぜひ、ご参加ください🤔✨

 

 

【問題16】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

事前調査で石綿(アスベスト)の使用の有無が明らかにならなかった場合、 分析による調査の実施が義務付けられているが、石綿が使用されているものとみなして、労働安全衛生法及びこれに基づく命令に規定する措置を講ずれば、分析は不要となる。

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】〇

解説:事業者が、石綿が使用されているものとみなして、労働安全衛生法及びこれに基づく命令に規定する措置を講ずるときは、分析による調査を行わなくてよいとされています。

 

なお、「アスベスト含有」とみなした場合、必要となる措置のうち、レベルに応じた最も厳しい措置を講じなければなりません。

(例)吹き付けられた材料であれば、危険性が最も高いクロシドライトが吹き付けられているものとみなして措置を講じる等。

 

※「アスベスト非含有」と判断するためには、分析や製造者による証明などの根拠が必要なので、根拠なく「アスベスト非含有とみなす」ことはできません。

 

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題15】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

難易度が上がっていきますが、ぜひご参加ください🤔✨

 

 

【問題15】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

中皮腫の発症リスクを石綿の種類別にみると、クロシドライト(青石綿)が最も高く、アモサイト(茶石綿)がこれに次ぎ、クリソタイル(白石綿)は比較的低いといわれている。

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】〇

中皮腫とは、胸膜、心膜、腹膜等のしょう膜腔を覆う中皮表面及びその下層の組織から発生する、きわめて予後不良な悪性腫瘍(がん)です。

中皮腫発生の8割程度は、石綿に起因するといわれています。

石綿の種類によっても発生率に差があり、クロシドライト(青石綿)の危険性が最も高く、アモサイト(茶石綿)がこれに次ぎ、クリソタイル(白石綿)はクロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)よりも危険性が低いといわれています。

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題14】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

本日は、アスベストの種類についての問題です😀

 

 

【問題14】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

石綿(アスベスト)は、蛇紋石族石綿と角閃石族石綿に大別され、これまで世界で使用された石綿の9割 以上が角閃石族石綿のクロシドライト(青石綿)である。

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】×

石綿とは、自然界に存在するけい酸塩鉱物のうち繊維状を呈している物質の一部の総称です。

日本の法律(石綿障害予防規則等)では、石綿を「繊維状を呈しているアクチノライト、アモサイト、アンソフィライト、クリソタイル、クロシドライト及びトレモライト」と定義されており、これら6種類の鉱物の総称として、石綿(アスベスト)と呼ばれています。

石綿(アスベスト)は蛇紋石系と角閃石系に大別され、以下の6種類に分類されます。

世界で使用された石綿の9割以上は、クリソタイル(白石綿)です。

 

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題13】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

本日の問題はこちら😆

 

 

【問題13】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

石綿(アスベスト)を含む鉱物は、破砕すると繊維状物質にほぐれ、断熱性、耐酸・耐アルカリ性などの性質があり、製造コストが安価であることから、奇跡の鉱物と呼ばれていた。

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】〇

石綿(アスベスト)は、鉱物種によってそれぞれ性状は異なりますが、基本的には鉱物を破砕すると繊維状物質にほぐれます。数多くのメリットを総合的に有していることから「奇跡の鉱物」と称賛され、多岐にわたって使用されてきました。

 

〈石綿のすぐれた性能〉

①紡織性    :しなやかで糸や布に織れる

②抗張力    :引張りに強い

③耐熱性    :燃えず、高熱に耐える

④耐摩耗性   :摩擦・摩耗に強い

⑤断熱・防音性 :熱や音を遮断する

⑥耐薬品性   :薬品に強い

⑦絶縁性    :電気を通しにくい

⑧耐腐食性   :細菌、湿気に強い

⑨親和性    :比表面積が大きく、他の物質との密着性に優れている

⑩経済性    :安価である

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題12】

アスベストに関する問題を、1問ずつ出題しております!

本日の問題はこちら😆

 

 

【問題12】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

アスベスト含有建材の「レベル1~3」は、アスベストの種類により分類されている。

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】×

アスベスト含有建材は、粉じんの飛散のしやすさ(発じんの度合い)により「レベル1~3」に便宜的に分類されています。

レベル1は、もっとも飛散性の高いアスベスト含有吹付け材であり、建築基準法で規制されている吹付けアスベストなどが分類されます。次いで飛散性の高いレベル2にはアスベスト含有保温材、断熱材、耐火被覆材が分類されます。レベル3はそれ以外のアスベスト含有建材が分類され、主にスレートや岩綿吸音板などの成形板の仕上げ材料が多くあります。

各レベルごとに、規制内容も異なります。石綿障害予防規則(令和2年7月1日公布)改正後の規制内容は、以下の通りです。

 

 

****************************************

東央建設は、東京都府中市に本社を構える、東京、埼玉、神奈川を中心に

◆解体工事 ◆アスベスト調査・分析 ◆外構工事  等を行う地域密着型の会社です。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

****************************************

 

 

 

日々の取り組み

アスベストに関するQ&A【問題11】

解体工事などの前に行う、アスベスト事前調査に関する問題を出題しております!

本日の問題はこちら😆

 

【問題11】 〇か×でお答えください👩‍🎓

 

建築物石綿含有建材調査者は、「特定、「一般、「一戸建て等に区分され、「一戸建て等」は調査できる範囲に限りがあるが、「特定」と「一般」は、すべての建築物の調査が可能である。

 

 

 

 

正解はこの下👇

↓↓スクロールをお願いします↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】〇

建築物の事前調査は、2023年10月より建築物石綿含有建材調査者、または日本アスベスト調査診断協会の登録者が行う必要があります。

建築物石綿含有建材調査者には区分があり、調査できる対象は以下の通りです。

 

■特定建築物石綿含有建材調査者・・・ すべての建築物

■一般建築物石綿含有建材調査者・・・ すべての建築物

                   ※特定/一般の調査範囲に違いはない(現時点で)

■一戸建て等石綿含有建材調査者・・・ 一戸建て住宅、共同住宅の住戸の専有部分

 

 

 

最近の解体実績一覧

東京・埼玉・神奈川を中心に、一軒家の木造住宅から大型施設の解体まで承っております。
ブロック塀撤去・立木撤去・建物基礎の撤去など、小さな解体でも相談に応じますので、お気軽にご相談下さい。

  • 【東京都板橋区】東京都板橋区 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年02月21日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都府中市】東京都府中市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年02月20日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都板橋区】東京都板橋区 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年02月19日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都練馬区】東京都練馬区 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年02月05日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都小平市】東京都小平市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年02月02日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都府中市】東京都府中市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年02月01日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都国分寺市】東京都国分寺市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年01月31日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都府中市】東京都府中市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年01月29日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都調布市】東京都調布市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年01月24日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【埼玉県狭山市】埼玉県狭山市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年01月23日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都渋谷区区】東京都渋谷区 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年01月22日 , CATEGORY : 解体工事

  • 【東京都府中市】東京都府中市 解体工事【東京・埼玉・神奈川の解体工事なら東央建設へ】

    UP : 2024年01月19日 , CATEGORY : 解体工事

設立以来、1万棟以上の解体実績があります!

東京・埼玉・神奈川を中心に、法人のお客様はもちろん、
個人のお客様からも多くのご依頼をいただいております。